March 29, 2011

Java Hello World on Ubuntu Linux






新しくプログラミング言語を学習始める時には、書いたコードの実行結果をその都度確認出来ることが大切です。出来れば、一行一行試せる環境が理想的です。Eclipse等のIDEを利用すると非常に便利。

LinuxのCLIコマンドレベルでも出来ることは多いので、Javaでそれを試してみた時のメモを残しておきます。


JDKのインストール



Javaの開発環境(JDK)をインストールしましょう。

$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk



Javaのソースコードをコンパイル



簡単なコードを書いて、クラスファイルにコンパイルしましょう。

HelloJava.java ファイル
public class HelloJava {
public static void main(String [] args) {
System.out.println("Hello Java");
}
}


$ javac HellJava.java



HelloJava.classというクラスファイルが生成されますので、実行してみましょう。

$ java HelloJava
Hello Java




インタプリタを使ったコードの実行



インタプリタを使うとコードを都度解釈して実行してくれます。非常に短いコードのテストをするときには役立つと思います。JavaについてはBeanShellというものを利用します。

$ sudo apt-get install bsh
(snip)
$ bsh
BeanShell 2.0b4 - by Pat Niemeyer (pat@pat.net)
bsh % System.out.println("Hello Java");
Hello Java



BeanShell上で好きなモジュールをimportしたり、クラスを定義したり、ひと通りの事が出来るかと思います。