April 2, 2010

Android開発環境の準備












 色々なテクノロジーには興味が湧いて手を出してみているのが性分なのですが、今度はスマートフォンアプリケーション開発について興味が出てきました。



 現時点での選択肢は二択で、iPhoneアプリかAndroidアプリのどちらかだと思います。今どちらをまず始めてみようかを色々と考えている最中ではあります。



 さてここでは、Androidの開発環境のインストールをしながらここにメモしていきます。ちなみに私の環境はWindows Vista。





Android開発環境に必要なもの




 必要なものは大きく4つあります。


  • Android SDK

  • Eclipse

  • JDK

  • ADT Plugin for Eclipse





 これを順にインストールしていきます。また、ITproの「Androidの世界へようこそ」の記事が非常に参考になります。





Android SDKのインストール




 まずはAndroid Developersのサイトにアクセスします。







 ここがAndroid開発のオフィシャルサイトで、開発環境(SDK)やリファレンス、ブログ、その他様々なリソースにアクセスすることができます。

 それではSDKのダウンロードページに移動しましょう。







 下段にQuick Startがあるので、ここも一応読んでおいた方がいいと思います。



 それでは自分の環境にあったファイルをダウンロードしましょう。これはSDKをインストールするためのセットアッププログラムですので、サイズが小さいです。







 間違えてはいけないのは、解凍して作成されるandroid-sdk-windowsディレクトリが、SDKのインストール先になるので、このディレクトリは適切な場所に移動させてください。私はとりあえず、C:\Program Files\Google\android-sdk-windowsとしてみました。(空白が問題を起こさないことを祈ります・・・)

 SDK Setup.exeを実行するとインターネットからSDKの様々なファイルをダウンロードを開始します。その時にもしかしてこのようなエラーが発生するかもしれません。HTTPSでアクセス出来ないと言っています。







 手っ取り早く解決するためには、HTTPでアクセスすることです。このセットアッププログラムのSettingsでHTTPを強制(Force)させる設定があります。Proxy Serverを必要とする場合も、この画面で設定することができます。







これでSDK Setup.exeを再実行すると、Android SDKのダウンロード・インストールが行われます。私の場合はこれだけ一通りインストールされたようです。









Eclipseのインストール




 Eclipseのインストール方法は、Google先生に聞いてもらった方がいいと思うので、ここでは割愛・・・。私もブログで少し書きました






Java Development Kit (JDK)のインストール



 JDKのインストールも、Sun Developer Networkから行えます。






ADT Plugin for Eclipse




 Quick Startに従い、Eclipseを起動してhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ からAndroid関連のツールをインストールしよう。



 もしここで"Cannot complete the install because one or more required items could not be found"なエラーが出たら、このサイトを参考にして回避してください。






 このプラグインのインストールには、下記サイトも詳しいです。






 プラグインのインストール途中に証明書のエラーが出てくるので、首をかしげつつ、OKでインストールを継続。










EclipseでAndroid開発環境のセッティング




 あらかたインストールし終わってからEclipseを起動すると、下記のようなエラーが出力されます。






The location of the Android SDK has not been setup. Please go to Preferences > Android and set it up



 Eclipseの Window > Preferences > Android > SDK Locationに、android-sdk-windowsのパスを入力して、Applyしてください。Android SDKのリソースが読み込まれるはずです。







 Androidエミュレータの設定も必要なので、EclipseのWindow > Android SDK and AVD ManagerのVirtual Devicesで追加します。







 この記事にもありますが、Android ApplicationをRunすると、このようにAndroidエミュレータが起動します。(十数秒時間かかりました)。タスクマネージャーで確認すると、emulator.exeプロセスが非常に多くのシステムリソースを使用しています。







 また、そのままブラウジングも行えます。ちょっと楽しくなってきたw













日本語もいけます。











Android開発環境完成!残る課題は・・・?




 Android開発環境はひとまずここまで。とりあえず仕事柄、環境準備までは大抵のことは出来るのですが、残る課題はなんといってもJavaの学習とAndroid端末の入手!これからが本当に大変なところです。とりあえずAndroidのHello Worldのサンプルコードみてもサッパリなので、これからの課題は山積です。