September 18, 2008

キー配置の変更, Ubuntu on Libretto






最近また会社の評価環境でLinuxホストが必要になったので、我が愛機であるLibretto先生に登場してもらいました。インストール方法は「ノートパソコンにUbuntuをインストール」を参照のこと。

インストール直後に早速気になったのがCapsLock。Aキーの左にあるこのキーが、なぜ必要のないCapsLockに割り当てられているのか、理解に苦しむ。日本語キーボードレイアウトを策定した昔の人、出て来い!

これを、より有用なCtrlキーに割り当てた奮闘記をメモ。




1) $ sudo apt-get install xorg
2) $ vim ~/.Xmodmap
--
remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Control_L
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L
---
3) $ startx
4) $ xterm -geometry 213x46+0+0
5) $ xmodmap ~/.Xmodmap

(解説)
1) Xサーバ、というかXorgがないと、key eventをcaptureしてswapしてくれるXの機能(xmodmap)が機能しないので、これをinstall。
2) 設定ファイルを作成
3) Xを起動。そっけないWindows Managerとxtermが起動する。xtermはexit(Ctrl+D)で閉じる。
4) Librettoの解像度を意識して新たにxtermを起動。環境に合わせて"213x46"の部分を調整しよう。LibrettoはこれでFullscreenのxtermが起動する。フォントサイズが小さいっっっ!フォントサイズはXresourcesファイルでフォントを変更すると調整できるのだが、検証中。
5) xmodmapを起動して、お望みのキー配置に変更。

(参考にしたサイト)
http://www.gentoo.org/doc/ja/xorg-config.xml
http://nwtr.at.webry.info/200503/article_21.html