June 8, 2008

ノートパソコンにUbuntuをインストール




 自宅サーバを立てたいなという年に1回は起こる動機によって、前愛機である"Libretto L5/080TNKW"が借り出された。
 これまでは自作タワーPCにUbuntuで立てていたけど、騒音と電気代の関係であまり長続きしなかった。ノートパソコンであればその点大丈夫。
 その手順を簡単にメモ。



  1. インストーラーを準備する。Ubuntu 8.04 LTS Serverを選択。このバージョンのUbuntuだと、無線LANインターフェースをデフォルトで認識してくれるのでとても助かる。
  2. Librettoでインストーラーを立ち上げる。パーティションは、10GB(/)、500MB(swap)、7GB(/home)、隠しパーティションにWindowsXPのリカバリーデータを残しておく。
  3. 普通にインストール。SSHサーバは必ずインストールしよう。
  4. 再起動後に下記メッセージが出て起動不能。

    The kernel requires the following features not present on the CPU 0:6
    Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU

  5. ここのサイトを参考に、linux-genericパッケージをインストールする。LibrettoはCrusoeなのでこんなバグにハマってしまうのだろう。
  6. NTFSを別途マウントしたい場合は、ここのサイトを参考に /etc/fstab を書き換えよう。


 最近はノートパソコンへのLinux導入がうまくサポートされてきたので、一昔のような苦労をしなくて良くなった。そんな一昔前の苦労があってこそ、今の楽に思える状況があるんだろうなとも思うけど。




▼ 2008/9/18 追記




リンク先にあるgeneric kernelのinstallationもメモっておく。

1)CD bootしてResuce Blocken Systemを選択。
2)ウィザードを進めていくと、Resuceするドライブを選択する画面になるので、root file systemを選択。/dev/hda1とかかな。
3)Execute a shell in the installer environment
4)Internet connectoinとDNS resolvingを確認するかsetupする
5)# chroot /target
6)# aptitude update
7)# aptitude install linux-generic
8)reboot, Ctrl+Alt+Del
9)boot直後にESCを押してgrubメニューでlinux genericを選択しbootする
10)/boot/grub/menu.lstを編集し、linux genericでdefault bootするようにする。
11)ついでに、Librettoの隠しパーティションを起動できるようにしておく
> > http://hogeo.jp/blog/memo/2008/07/libretto_l5.html